フリーランス.info >> 契約関連で注意すること >> 何時間働くの?基準時間を確認しよう

何時間働くの?基準時間を確認しよう

基準時間を超えないと報酬は減額される

1カ月の労働時間は160~180時間とし実労働時間が160時間を下回った場合
もしくは180時間を超えた場合は実働時間で委託費を調整する

こんな文言契約書や注文書に書いてあります。
実はこれ文章としてはホント短いんですが報酬に直結する内容なのですごく重要です。

基準時間とは1カ月の目安になる労働時間のことで基準時間を超えると超過労働手当(残業代)が貰えて、満たない場合は報酬から引かれます。

基準時間が変わると時間給も変わります。
たとえば月80万の業務委託契約(委任型)を結んだ場合、
○160時間だと、80万÷160時間=5,000円/時間
○180時間だと、80万÷180時間=4,444円/時間

また、残業した時も当然1時間あたりの報酬額が変わります。
残業手当が通常の1.25倍だとしたら
○160時間だと、5,000円×1.25= 6,250円/時間
○180時間だと、4,444円×1.25= 5,555円/時間
基準時間が20時間違うだけで時給に換算して700円近くの差が。

仕事を始める前にチェックしてみましょう。身入りも変わってきます。

基準時間は私が見てきた中で下の3パターンが多いです。
① 160時間
② 160~180時間
③ 160~200時間

②と③は1カ月間の勤務時間が基準時間の範囲内だったら契約に定めた報酬額を支払います
実際②③みたいにある程度幅を持たせた基準時間にしているところが多いです。幅を持たせるメリットは計算が楽で処理が簡単なこと。月々報酬80万って決めたらその金額で処理するのが一番楽なわけですよお互い。だから180時間でも176時間でも80万円で処理できるのがいいし1時間超えただけで5,555円加算して請求したり請求されたり結構面倒なわけです。

増える話ばかりしましたが、基準時間に満たない場合は報酬も減額されます。特に休みの多い月、1月、5月、8月に足りなくなることがあるので気を付けてください!

基準時間は少ない方が得。残業代を請求できるかは別問題

「基準時間は少ない方が得なのか??」

答えはYESなんですがNOでもあります。
基準時間が少なければ時間給が増えるので残業代が支給される時は得です、だから契約上少ないに越したことはない、これがYESの理由。今までお話してきた内容の通りです。
しかし、契約に則ってしっかり報酬の計算したり残業代だしたりしてる会社や案件が少ないのが現状、基準時間が形骸化してる、実態はこんな感じなんで過剰に反応するのも良くないです。これがNOの理由。
フリーランスに残業手当をきっちり払ってくれるかはクライアントやプロジェクトによります。だから基準時間の話は(条件面の)良い案件やクライアントに巡り合えたことを前提にお話してます。現状そんな感じです。詳しいことはページを変えて超過労働時間(残業)の扱いを決めておこうでお話したいです。

関連記事 契約関連で注意すること

請負契約と委任契約の違い
何時間働くの?基準時間を確認しよう +now+
超過労働時間(残業)の扱いを決めよう もらえないパターンは2つ

初期費用100円。ドメイン取得永久無料のドメインキング

 超格安でドメイン取得できるサービスを発見。
 ドメインキングではたったの100円で独自ドメインが取得できるほかにレンタルサーバー代は最大1年間無料。色々探したところサーバーも付いてたったの100円なのはここだけ。申し込めばインストールマニュアルが自宅に郵送されます。下のドメインキングのバナーをクリックして必要事項を記入すると申込完了です。
 たったの100円なので試しにお気に入りドメインをゲットしましょう!

 詳しくはドメインをとろうで。

オーダーメイドのかっこいい名刺をオンラインで簡単注文

 インターネットでオーダーメイドで名刺を作れるサイトを発見。
VISTA PRINTでは豊富なテンプレートからお気に入りのデザインを選んで、フォントやカラーも自分の思い通りに決められて、出来上がりイメージもネットで確認できる優れモノです。細かいところまであなたの思い通りに。いまなら送料以外は無料でお試し名刺が作れます。



 詳しくはかっこいい名刺を作ろうで。

【確定拠出型年金を検討している方へ】SBIのパンフレットを無料請求

 確定拠出型年金の運営機関の中でも人気のある確定拠出年金積立プランのパンフレットをネットで無料請求できます。SBI証券は商品が多いことと、手数料が安いことから非常に人気のある証券会社です。
 下のサイトの左側にある個人型資料請求のアイコンをクリックして必要事項を記入すれば自宅にパンフレットが届きます。これから年金について勉強したい人に見てほしい内容です。

 詳しくは個人型確定拠出年金に加入しようで。
当サイトについて お問い合わせ Copyright © 2011-2012 letsfreelance.info All Rights Reserved.