フリーランス.info >> フリーランスの開業手続き >> フリーランスの社会保険

フリーランスの社会保険

フリーランスの社会保険を知ろう

一般的に社会保険というと
 健康保険
 年金保険
 雇用保険
 労働保険

この4つのことをいいます。
フリーランスになると会社員との違いが気になるところです。

先ず簡単なものからいくと雇用保険
雇用保険はフリーランスは個人事業主、一国一城の主なので雇用される立場ではないため雇用保険はありません。

続いて労働保険
労働保険は労働者が業務中に(もしくは業務に起因する)負った怪我や病気を補償するための保険です。
従ってフリーランスは労働者ではなく経営者なので労働保険はありません。
しかし実際のところ労働者と変わらない仕事をしている人はたくさんいます。
ある一定の条件をクリアすればフリーランスでも労働保険に加入できる仕組みがあります。
あんしん財団とよばれるものがあるのでチェックしてみてください。

続いて健康保険
フリーランスは原則地方自治体が運営する国民健康保険に加入しなければいけません。
しかし会社を辞めたばかりの人は会社で加入していた健康保険組合に引き続き加入することができます。
これを任意継続と呼んだりします。

会社を辞めたばかりの人は国民健康保険よりも任意継続の方が保険料が安いケースがほとんどなので試算してみてください。
任意継続を希望する場合退職後20日以内に健康保険組合に申請しなければいけません。
退職するときに申請書をもらっておきましょう。

最後は年金保険
フリーランスは全員が国民年金保険に加入します。

実は会社員の時も国民年金保険には加入していました。

「え?厚生年金だったよ?」と思うかもしれませんが

会社員は国民年金 + 厚生年金に加入しています。
国民年金の保険料は厚生年金の保険料の中に含まれていたんです。

フリーランスになると国民年金だけ納めます。
保険料が安くなる分貰えるお金も少なくなります。。。

会社員と比べると随分保障が少なくなりますね。。
フリーランスになると会社員のころの手厚い保障が身を持って実感できますT_T

関連記事 フリーランスの開業手続き

フリーランスとは
会社を辞めてフリーランスになる
クレジットカードを作ろう
ローン・キャッシングをしよう
ドメインをとろう
開業届を提出しよう
青色申告にしよう
フリーランスの社会保険 +now+
健康保険に加入しよう
年金に加入しよう
国民年金付加年金に加入しよう
国民年金基金に加入しよう
個人型確定拠出年金に加入しよう
小規模企業共済に加入しよう
労災保険に加入しよう
オフィスは必要?
かっこいい印鑑を作ろう
事業用銀行口座を作ろう
かっこいい名刺を作ろう

初期費用100円。ドメイン取得永久無料のドメインキング

 超格安でドメイン取得できるサービスを発見。
 ドメインキングではたったの100円で独自ドメインが取得できるほかにレンタルサーバー代は最大1年間無料。色々探したところサーバーも付いてたったの100円なのはここだけ。申し込めばインストールマニュアルが自宅に郵送されます。下のドメインキングのバナーをクリックして必要事項を記入すると申込完了です。
 たったの100円なので試しにお気に入りドメインをゲットしましょう!

 詳しくはドメインをとろうで。

オーダーメイドのかっこいい名刺をオンラインで簡単注文

 インターネットでオーダーメイドで名刺を作れるサイトを発見。
VISTA PRINTでは豊富なテンプレートからお気に入りのデザインを選んで、フォントやカラーも自分の思い通りに決められて、出来上がりイメージもネットで確認できる優れモノです。細かいところまであなたの思い通りに。いまなら送料以外は無料でお試し名刺が作れます。



 詳しくはかっこいい名刺を作ろうで。

【確定拠出型年金を検討している方へ】SBIのパンフレットを無料請求

 確定拠出型年金の運営機関の中でも人気のある確定拠出年金積立プランのパンフレットをネットで無料請求できます。SBI証券は商品が多いことと、手数料が安いことから非常に人気のある証券会社です。
 下のサイトの左側にある個人型資料請求のアイコンをクリックして必要事項を記入すれば自宅にパンフレットが届きます。これから年金について勉強したい人に見てほしい内容です。

 詳しくは個人型確定拠出年金に加入しようで。
当サイトについて お問い合わせ Copyright © 2011-2012 letsfreelance.info All Rights Reserved.