フリーランス.info >> フリーランスの開業手続き >> 国民年金付加年金に加入しよう

国民年金付加年金に加入しよう

もっとも手軽に加入できる年金保険

付加年金とは、フリーランスをはじめとした第1号被保険者がのみが加入できる年金制度のひとつです。

国民年金保険料に月々400円を追加で納めると200円×保険料納付月分の年金を上乗せして受給できます。

↑ さらっと書きましたけど㌧でもなくお得な年金制度です!

付加年金のメリットをさらに詳しく

どのくらいすごいのか、実際に受給できる金額をシミュレーションしてみましょう。

月々400円納めるごとに、年金が200円上乗せされるので…

10年納めたら年額24,000円(200円×120カ月)
20年納めたら年額48,000円(200円×240カ月)
30年納めたら年額72,000円(200円×360カ月)

納付額400円に対して200円もらえるので2年間貰うと元が取れます。
利回り50%の金融商品なんて聞いたことがありません!!

付加年金は
 掛金が安く
 高利回

フリーランスなら誰でもはじめられる魅力的な年金制度です。

受給金額は物価に応じて変動しないの?

付加年金受給額は物価に影響されません。従って将来インフレ、デフレになっても受給額に変更はありません。
ここが国民年金との相違点です。

急速なインフレが起きた場合は損、デフレの場合は得をします。

まぁ掛金が安いのでインフレになって損をしてもどうってことない金額でしょう。

他の年金制度との併用

× 国民年金基金
 個人型確定拠出年金

国民年金基金との併用はできませんが、確定拠出年金個人型との併用はできます。

手続きの方法

所管の市区町村役場で申請書を提出します。
申請書は役場で配布されます。

年金手帳を持参しましょう。
また、本人が申請する場合は印鑑は必要ありません。

納付方法

 納付書による金融機関orコンビニ払い
 クレジットカード払い

何れかの方法を選べます。
クレジットカード払いを選ぶ場合は所管の年金事務所に問い合わせてください。

受給方法

国民年金の受給タイミングと同じです。
今の制度ではほとんどの方が65歳からの受給になり、今後さらに遅くなる可能性もあります。

関連記事 フリーランスの開業手続き

フリーランスとは
会社を辞めてフリーランスになる
クレジットカードを作ろう
ローン・キャッシングをしよう
ドメインをとろう
開業届を提出しよう
青色申告にしよう
フリーランスの社会保険
健康保険に加入しよう
年金に加入しよう
国民年金付加年金に加入しよう +now+
国民年金基金に加入しよう
個人型確定拠出年金に加入しよう
小規模企業共済に加入しよう
労災保険に加入しよう
オフィスは必要?
かっこいい印鑑を作ろう
事業用銀行口座を作ろう
かっこいい名刺を作ろう

初期費用100円。ドメイン取得永久無料のドメインキング

 超格安でドメイン取得できるサービスを発見。
 ドメインキングではたったの100円で独自ドメインが取得できるほかにレンタルサーバー代は最大1年間無料。色々探したところサーバーも付いてたったの100円なのはここだけ。申し込めばインストールマニュアルが自宅に郵送されます。下のドメインキングのバナーをクリックして必要事項を記入すると申込完了です。
 たったの100円なので試しにお気に入りドメインをゲットしましょう!

 詳しくはドメインをとろうで。

オーダーメイドのかっこいい名刺をオンラインで簡単注文

 インターネットでオーダーメイドで名刺を作れるサイトを発見。
VISTA PRINTでは豊富なテンプレートからお気に入りのデザインを選んで、フォントやカラーも自分の思い通りに決められて、出来上がりイメージもネットで確認できる優れモノです。細かいところまであなたの思い通りに。いまなら送料以外は無料でお試し名刺が作れます。



 詳しくはかっこいい名刺を作ろうで。

【確定拠出型年金を検討している方へ】SBIのパンフレットを無料請求

 確定拠出型年金の運営機関の中でも人気のある確定拠出年金積立プランのパンフレットをネットで無料請求できます。SBI証券は商品が多いことと、手数料が安いことから非常に人気のある証券会社です。
 下のサイトの左側にある個人型資料請求のアイコンをクリックして必要事項を記入すれば自宅にパンフレットが届きます。これから年金について勉強したい人に見てほしい内容です。

 詳しくは個人型確定拠出年金に加入しようで。
当サイトについて お問い合わせ Copyright © 2011-2012 letsfreelance.info All Rights Reserved.