フリーランス.info >> 思いつきで書いた記事 >> IT業界のピラミッド構造

IT業界のピラミッド構造

IT業界もゼネコンと同じ?

IT業界は建設業界だと同じようにピラミッド型の構造になっています。(って言っていいのかな?)
グーグルの予測検索で「IT業界 ピラミッド構造」とでてきたので世間でも認知されているキーワードだと思います。

IT業界も開発案件の規模が大きくなるほどピラミッド構造が顕著になります。

建設業界だと鹿島、竹中工務店といったスーパーゼネコンが建物の利用者(お金を払う)から依頼を受けます。
スーパーゼネコンは重要な取引や全体の施工管理を行い、実際の工事や細かい作業は別の会社に依頼をします。
それぞれの会社が得意な分野、役割をこなして作業の効率化やコスト削減を図ることが狙いです。

鹿島のようなスーパーゼネコンのことを元請けプライムといいます。

一方、プライムから依頼を受ける会社のことを下請けアンダーといいます。

さらに下請けの会社がどこかの会社に仕事を依頼するケースもあるので孫請け、さらにはひ孫請けも珍しくありません。

IT業界も同じくピラミッドです。
プライムの会社がプログラミングをはじめとした開発作業を下請け会社に発注することは珍しくありません。むしろ主流です。主に元請けの仕事をやる会社、下請けの仕事をする会社は会社の規模や資本関係によって線引きされています。

会社の特徴や業界の位置づけを知ろう

主にプライム(元請け)はNTTデータ、富士通、NEC、日本IBMなど規模の大きいシステムインテグレーターがその役割を担います。この他に、大企業と資本関係があるシステム子会社も親会社のシステム開発案件になるとプライム(元請け)になることが多く、富士通やNECをアンダー(下請け)とすることもあります。例えば、○○自動車情報システム、○○化学システムサービス、○○商事情報システムがこの類の会社です。
※ 元請け、下請けという言い方自体あまり好きではありませんが分かりやすいので使っています^^;;

私の勤めていた会社は元請け(プライム)の案件が主でしたが、下請け(アンダー)の案件もありました。
既述の通りユーザーが資本関係のある情報システム子会社を持っている場合など政治的な理由でアンダー(下請け)に回るケースがありました。しかしこのようなケースでも実際にやる仕事はプライム案件とほとんど変わりません。ピラミッドの位置は違いますが仕事の内容は同じでした。

SEが会社を選ぶ時は会社の特徴や業界内の位置づけを研究して、自分のやりたいことやスキルと合っているかを確認しましょう。

初期費用100円。ドメイン取得永久無料のドメインキング

 超格安でドメイン取得できるサービスを発見。
 ドメインキングではたったの100円で独自ドメインが取得できるほかにレンタルサーバー代は最大1年間無料。色々探したところサーバーも付いてたったの100円なのはここだけ。申し込めばインストールマニュアルが自宅に郵送されます。下のドメインキングのバナーをクリックして必要事項を記入すると申込完了です。
 たったの100円なので試しにお気に入りドメインをゲットしましょう!

 詳しくはドメインをとろうで。

オーダーメイドのかっこいい名刺をオンラインで簡単注文

 インターネットでオーダーメイドで名刺を作れるサイトを発見。
VISTA PRINTでは豊富なテンプレートからお気に入りのデザインを選んで、フォントやカラーも自分の思い通りに決められて、出来上がりイメージもネットで確認できる優れモノです。細かいところまであなたの思い通りに。いまなら送料以外は無料でお試し名刺が作れます。



 詳しくはかっこいい名刺を作ろうで。

【確定拠出型年金を検討している方へ】SBIのパンフレットを無料請求

 確定拠出型年金の運営機関の中でも人気のある確定拠出年金積立プランのパンフレットをネットで無料請求できます。SBI証券は商品が多いことと、手数料が安いことから非常に人気のある証券会社です。
 下のサイトの左側にある個人型資料請求のアイコンをクリックして必要事項を記入すれば自宅にパンフレットが届きます。これから年金について勉強したい人に見てほしい内容です。

 詳しくは個人型確定拠出年金に加入しようで。
当サイトについて お問い合わせ Copyright © 2011-2012 letsfreelance.info All Rights Reserved.